転職支援サービスの選びかた

いろいろなサイトや種類のある転職支援サービスですが、実際にどれを利用するか選択する際のポイントはどのようなものなのでしょうか。
転職支援サービスを選択する前に必要なものは、どういった転職スタイルが自分に合うかということです。
転職サイトは中途採用している企業の様々な情報が得られるもので、とくに最近スカウトサービスが注目されているようです。
スカウトサービスとは、これまでの就職活動とは全く発想を逆にしたものです。
プロフィールや職歴、転職先への希望内容を転職支援サービスに送信することで、会社側からのオファーを待つというものです。
目指す企業がまだ明確に定まっていない、とにかく新しいことがしたいという人には良い突破口になるかもしれません。
ただしこの場合は公募求人のみの応募しかできず、求人企業との調整や交渉などは全て自分でしなければなりませんのでその点は気を付ける必要があります。
このほか、転職に特化したポータルサイトもあります。1つの転職支援サービスからの情報ではなく、複数の転職支援サービスの保持する求人情報をまとめてあるものです。
スカウトサービスが年々活性化しています。
転職エージェントポータルサイトに登録したプロフィールから、企業側からではなくて転職コンサルタントから声をかけてもらえるという形式もあるようです。
複数の転職支援サービスが持つ情報を一度に検索して、自分の希望に合った会社を選び出すためにはとても重宝されますが、応募するには各転職支援サービスを頼らなくてはなりません。
転職エージェントは転職支援サービスの一形態で、ホームページ越しだけでは知り得ない求人情報の提供や、相手企業と必要な連絡もしてもらえるという有用な機関と言えます。
面接についての相談や上手な対応の方法も教えてもらえますが、連絡や調整などをしてもらうことはありません。
どういった転職活動をして、どんな企業に転職したいのかを見定めた上で、様々な転職支援サービスの中から使い易いものを適切に利用しましょう。

ETCの「割引制度」

カテゴリー: アルバイターと就職活動 | コメントは受け付けていません。

転職支援サービスを受ける流れ

転職のために、支援サービスを利用するには何をするべきなのでしょうか。
転職支援サービスに関しての情報は、インターネットによる調査で見つけることができます。
女性向けの転職支援サービスも存在しています。
次にネット上で転職支援サービスへ、簡単な登録を行います。
今までの経歴や職歴、これからの希望などを記入するものが多いようです。登録をすると数日後、転職支援サービスの担当キャリアコンサルタントから連絡がくるでしょう。
転職支援サービスのキャリアカウンセラーと転職活動の相談をするための日を決めて赴き、転職希望の確認やアドバイス、求人の紹介を行います。
希望条件に合う求人内容からどの企業に応募するかを決定したなら、転職支援サービスを通じて目的の企業に連絡を取ります。
無事に採用されるように、企業に出す職務経歴書や応募書類の正しい書き方の指導があるところもあります。
希望すれば模擬面接などを行い、失敗しない面接のコツも教えてもらえます。
また、相手企業との中間に立っての交渉や日程調整も任せられます。
転職支援サービスでは、採用が決定した後も今の職場の退職、新しい職場への入社の日取り、そして採用条件などの決定など色々な事に対してきめ細かな支援が期待できます。
入社後でも、企業によっては相談に乗ってくれるようです。1人では難しい転職でも、転職支援サービスならアドバイスやフォローを無料で受けることができるのです。
転職を考えている人はぜひ転職支援サービスを利用することをおすすめします。

ETCカードの審査

カテゴリー: アルバイターと就職活動 | コメントは受け付けていません。

外資系企業の転職に向いている人

転職先に外資系企業を希望する人は少なくありません。
しかし、転職先を見極める時には、本当に外資系で良いのかどうかしっかり検討しましょう。
新天地でどのようなことを実現させたいか、しっかり認識できている人は外資系の会社に入っても問題なくやっていけるでしょう。
この外資系企業で何をしたいのか、そのためには今までどんなキャリアを積んできたのかということが問われます。
外資系企業に転職した後は、その外資系の会社で必要な能力を自ら身に付けていかなければなりません。
ある程度のキャリアを持つ人なら、一から教えてもらうことを待つことはできません。
自分で努力して実力を付けていける人が、外資系には向いています。
多少の困難でもめげず、目標に向かって邁進できる強い人は外資系企業で課される業務を続けていくことができるはずです。
外資系で働いていると、部署によっては明日からの唐突な海外出張などが入るということも珍しくありません。
多少の経験ではへこたれない強さが、外資系では必要なのです。
そして、お金のために会社が存在し、会社は社員のものでなく株主のものであるという考えが外資系の物の見方です。
この外資系企業の二つの考え方に反感を抱くようであるなら外資系企業への転職はしない方がよいでしょう。
外資系企業への転職を果たし、納得のいく職場環境を獲得できるという人は、働く意欲が旺盛で勉強する気がある人でしょう。

二輪車にもETC

カテゴリー: アルバイターと就職活動 | コメントは受け付けていません。

外資系企業の転職で必要な英語力

英語の語学力に自信がなく、外資系企業に就職したいと思っていても腰がひけているという人は多いのではないでしょうか。
英語が達者でなければ仕事を任せられないかというと、そういうわけではないようです。
TOEICで700点を取ることが規定となる外資系企業もありますが、それだけが全てではありません。
外資系企業への転職といっても、仕事の能力と英語の能力のどちらが重要かといえば仕事の能力の方が重要なのです。
外資系の会社への転職を希望する時、絶対に英語が話せなくてはならないということはないのです。
また外資系企業へ転職したら書類がすべて英語ということが不安という人も多いでしょう。
英語はないわけではありませんが、符号の一種と思えば対処できるくらいのものです。
さほど困難ではないということが、そのうちわかるでしょう。では、実際外資系企業の社員の英語力というのはどの程度のものなのでしょうか。
帰国子女や留学経験者は別としても英語ができるといっても、TOEICは800点程度なのです。
そのため、転職できてから仕事をしながら語学力の向上に取り組んでも遅すぎるということはありません。
英語力に不安があっても、まだ若ければ採用されることもあるのです。仕事のために使用する英語は、仕事をしながら学んでいき知識を深めていくことも可能です。
しかし、現実に外資系企業で仕事をしていくには英語力がなければいろいろと損をすることもあります。
海外に出張をするにも外部との打ち合わせをするにも語学が堪能であることは重要ですし、評価や昇進にもつながってきます。
転職先として外資系企業を考えているという人は、可能なうちに英会話の勉強などをして語学の知識を向上させ、いざという時に備えておくようにしましょう。

「ETCワンストップサービス」とは?

カテゴリー: アルバイターと就職活動 | コメントは受け付けていません。

女性の仕事市場

仕事市場での女性はどのような扱いなのでしょう。
最新の人口データを元にして、厚生省が労働環境について試算したものが出ています。
労働総数は、2660年には6,657,000人ですが、わずか24年後には5,587,000人まで減少すると厚生労働省は予測しています。
女性労働力は、このような状況にあって人材資源を支えうる存在として、着目されているのです。
2006年の労働力人口は、男性が前年より3万人減少の3800万人だったのに対して、女性は前年より9万人増の2700万人となっています。
育児をしながら働き続けるという共働きの家庭が増加したこともあり、女性の仕事市場への参入は活性化しています。
労働人口は3年連続で伸びています。また、女性の場合、結婚や出産等で一旦退職すると、育児がひと段落してから再就職を希望しても、
就業出来ない女性が多い事も女性の仕事市場の特徴です。気力、体力が持続しなかったために家事労働と仕事を同時に行えなかったという人は、
相当数の女性になるようです。もしも女性にとって働きやすい環境を整えることができるならば、働く女性の数がぐっと増えて経済も活発になっていくことでしょう。
女性の開業年齢は30代半ば以降の割合が最高で、年齢層が高くなるにつれてその割合が低下しています。
逆に男性は55歳以上が最も高くなっています。会社を起業するという女性たちは30代や40代ですが、このくらいの年齢の人は育児もしています。
育児も仕事もしなければならないということが、女性には求められています。
もしも、失業中であっても働く意志がある人と、睡眠時間を削ってまで無理をして働き続けている人との仕事を平均することができるなら、もっと働きやすい環境となり、仕事市場も向上するでしょう。
ETCの利用明細

カテゴリー: アルバイターと就職活動 | コメントは受け付けていません。

睡眠時間と仕事市場

睡眠時間と仕事市場について。この20年、人々の年間の睡眠時間は年々減っていると、「社会生活基本調査」の中で総務省は公開しています。
就労時間の伸びは睡眠時間の減少と反比例するように増加していますので、睡眠時間は短いのに労働時間が増えているということが明確化するようです。
労働者の1日の平均仕事時間は6時間9分で、5年前より10分増加しています。
長時間に渡って労働する人が現れる要因については、仕事が所定内労働時間では対応が出来ない量だからと回答する企業が約半数を占めています。
景気の悪化による人員削減のため、人手不足が長時間労働の原因になっているという回答も2割あります。
中小企業では、リストラや新規採用数の削減で人員が減り、勤務時間が延びている職場もある様です。
国内の仕事市場では、寝る間を惜しんで労働しなくては仕事が終わらないという人と、熱心に就職活動をしているのに仕事先が見つからないという人が併存しています。
厚生労働省は、多様就業型のワークシェアリングを通じて雇用機会、労働時間、賃金を労働者で共有しあうことで働く時間を短縮しようという取り組みを行っています。
しかし短時間正社員では、顧客等の会社外部への対応で支障のある、フルタイム正社員への仕事のしわ寄せがあります。
国内の仕事市場は、このようなトラブルを抱え込んでいる状態であるといえるでしょう。
仕事を求めている人と、過労環境で苦しんでいる人とが仕事を共有しあうことができるなら、仕事市場はより良いものになり、
睡眠時間も確保でき労働時間を短くすることが可能なのではないかと考えられています。

ETC車載器のセットアップ

カテゴリー: アルバイターと就職活動 | コメントは受け付けていません。

仕事の市場について

辞書で仕事という言葉の意味を調べると、「それによって生計をたててゆくための職。職業。業務。」
となっています。つまり、職業に関連する需要と供給の状態を仕事市場という言葉で表現しています。
国内の仕事市場はどのようなものでしょう。ここ数年賃金水準の低下が指摘され、ベースアップや賞与の引き上げなど、賃金の改正を求める声が強まってきています。
2008年度に正社員の賃金引上げがあると回答した会社は約4割です。ここ何年かは賃金上昇圧力が高いままで、2006年と2007年も同様に給与は上昇しているようです。
仕事の市場を業界別に見ると、製造業やサービス業が高水準でした。
不動産や金融の分野では、ベースアップを回答した会社はごくわずかでした。現在の仕事市場では、賃金の上昇圧力が高まっていくに対応して
企業側が賃金を上昇させるようになっているようです。
アルバイトやパートで仕事をしている人と雇用企業とは、仕事市場の中ではどのような関係性を築きあげているものなのでしょう。
2007年に比べてほんの少し増えはしたものの、非正社員のベースアップをすると回答した会社は2008年は2割程度です。
賃金引上げがないと回答した会社は4割を超えており、正社員と比較するとかなり厳しい仕事市場である事が浮き彫りとなっています。

ETC利用時の注意事項

カテゴリー: アルバイターと就職活動 | コメントは受け付けていません。

フリーターと就職

フリーターという言葉の意味を知っていますか。フリーターとは日本で就職していない就労形態のことを意味します。
フリーターの人たちは、生活を立てていくためにパートやアルバイトに就きます。
フリーアルバイターとも言われており、職種を指す言葉ではなく、どういった働き方をしているのかを見分けるための用語です。
フリーターの実態を把握するための調査を厚生労働省が行ったのは1991年です。
この時にフリーターとして調査対象となった人たちは15歳~34歳の男性か未婚女性で、在学もしくは就職していない者とされました。
何らかの仕事就いていても、正社員としての雇用ではなくパートタイマーやアルバイトとして働いている人が対象になっているのです。
派遣やアルバイト、パートの仕事を探している人もフリーターの分類に当てはまるものとします。
学生や家事見習い、正社員を希望する求職活動中の人は除外されます。
フリーターという言葉は1987年にアルバイト情報誌の編集長が生み出し、その後一般化されて、広辞苑にも書き入れられました。
この言葉は英語ではなく日本語の造語なので注意しましょう。入国審査などの時にフリーターという言葉を書いても意味がわからないなのです。
英語圏では、パーマネントパートタイマーと呼ぶことが多いです。
フリーターという言葉ができたばかりの頃は、芸術家や芸能人になるために正社員にならずに芸術活動を続けるという若者がいました。
彼らは生活費をアルバイトによって獲得していました。将来への希望を叶えるために頑張っている若者達を否定せず応援する言葉としてフリーターという言葉は生まれました。
プータローとは意味が違うというわけだったのでしょう。

「ETC専用レーン」について

カテゴリー: アルバイターと就職活動 | コメントは受け付けていません。

これまでのフリーターと就職事情

1980年代後半はフリーターという言葉が一般的になった頃です。この頃、日本経済は上昇気流に乗っていました。
24時間営業のコンビニチェーンの急増加や、建設ラッシュに伴う建設業界の人手不足によって、夜間勤務や肉体労働に携わる事のできるフリーの労働力が求められていました。
アルバイトだけでも生活費を稼ぐことができたほど職探しは不便しなかったため、実現困難な夢を追って正社員にならないという選択も可能でした。
その後にバブル経済期が終わりを告げ、景気の低迷期に入るとアルバイトはさらに使われるようになりました。
企業の業績が悪化したため、正社員を採用せずアルバイトを活用するようになったからです。
就職活動がうまくいかずに正社員の口が見つからない若者が現れたのは、業績が急落した企業が新規採用をかなり減らしたためでした。
そのため、正社員を希望していた人でもアルバイトや派遣の仕事に就かなければならない状態になっています。
1991年に厚生労働省が行った調査の中では、国内には約60万人余のフリーターがいました。バブル崩壊後もフリーターの総人数は増え続け、2003年には217万人にも上っています。
フリーターの総人口が急増した事は、企業側の要因が大きな影響を及ぼしています。
バブル崩壊によって業績が悪化した各企業は、主要な労働力をアルバイトなどにシフトし正社員を採らないことで経費を抑制しています。
あるいは、即戦力となる人材を求めて中堅どころの採用に重きを置き、新卒採用を減らす会社も少なくありません。
いくつかの要因が相まって、正社員を目指して就職活動をしている人の何割かが、正社員になれずパートやアルバイトで働くようになっているようです。

ETC導入の効果

カテゴリー: アルバイターと就職活動 | コメントは受け付けていません。

フリーター就職事情の今後

現在、景気復活と共に求人は再び以前の勢いを取り戻し、新しく雇用される正社員の数も増加しているようです。
最近では、フリーターはその数を減らしているようです。増加するフリーター、ニートを減らすために政府はいくつかの雇用促進策を出しているので、
その影響もあるでしょう。実際、フリーターやニートに意図しなくてもなってしまうという人は数を減らしています。
そして、正社員になった新卒者数や就職総人口は、少しずつ増加しているようです。
バブルがはじける直前の80年代末期頃までには、雇用状況は好転しています。フリーター人口は、経済状況が変化しなければ減少の一途で行けるのでしょうか。
フリーターの数は、現代の就職活動をしている若者たちの見通しによっても左右されますので、景気の変動だけで状況が好転するわけではありません。
正社員として働くよりもやりたいことがあったからフリーターになったという人や、労働スタイルとして制約を嫌がってフリーターになったという人は、
正社員になれなくてフリーターになった人の他に存在しています。
現代の若者は景気回復や政府対策によって、就職出来る環境が整っているのにも関わらず、自ら希望してフリーターを選択している人がとても多いのがフリーターの就職事情です。
バブルがはじけたばかりの頃は、他に選択肢がなくフリーターとなった人たちがいました。
就職が困難だった時代の人や、まだまだ仕事をしたい団塊世代の人たちからすると、今のフリーターの考え方は、なかなか理解できないことでしょう。

ETC車載器のタイプ

カテゴリー: アルバイターと就職活動 | コメントは受け付けていません。